大切な友人の死

突然の友の死

私が、会社を辞めて1年半が過ぎようとしている時、その連絡が入りました。

在職中からごく親しくしていた友人が亡くなった…
急だが葬式に来てくれという連絡でした。

ほんの一週間ほど前に旧交を温めたばかりの…その彼でした。
そのときはまさか次に会うのが葬儀だとは思いもしませんでした。

私は指定されたお通夜会場に向かいながら

「葬式なんて何かの間違いだろう…悪い冗談だよ、きっと…」

突然のことで、私はただ現実逃避をするしかありませんでした。

が、斎場に着くと、いやおうなしにその期待は打ち消されました。

柴田Styleひときわ華やかな菊の花に囲まれ、祭壇の中で彼は微笑んでいました。

当然のようにお坊さんの読経、お焼香がなされ、奥さんや子供さんたちは、
悲しみにくれ参列者の一人ひとりに丁寧に会釈をしていました。
そのとき私は、こみ上げるとめどない悲しみと同時に、ふと、たとえようの無い違和感を感じたのです。

「何なんだろう・・この違和感は・・」

実は、このところ遠い親戚も含めて不幸続きでした。
つい数週間前にも友人のお父様が亡くなられて、その葬儀に参列したばかりでした。でも、そのときにはまったくわからなかった感情なんです。

「どうしてなんだろう?いったい何が変なんだ???」